26日は本当に大変だった。
この時期の雪は何度か経験していたので朝の時点ではそんなに驚かなかった。
画像 837

大きくなったフキノトウは少しびっくりであったろう。
画像 905

湿った雪は木々にまとわりつき電線や牧柵にもからみついた。
画像 869

店の営業を終え帰途につく頃には帯広の街中でも5㎝以上の積雪になっていた。
家が近くなるにつれ積雪量が増え 何かヤバイなぁという感じがしてきた。

通い慣れた道に木が横たわっていた。
画像 927

湿った雪の重さに耐えかねて倒れてしまったのだ。
仕方なく引き返し 安全策として遠回りしながら先を急いだ。

何とか家にたどり着いたのだがフィットは30㎝の積雪に力尽きて埋まってしまった。
翌早朝に通る除雪車の邪魔にならないようにバックホーでフィット救出。
画像 936

その後馬小屋倒壊の恐れがあったので屋根に上がって除雪をしていた。
深夜12時も近くなり 疲れていたのであろうか σ(^^;)としたことが 足を滑らせ
屋根から転落。  幸い大事には至らなかったが古傷の左肩と向こう脛を強打。


というような目に逢っていたのだった。


キャットウォークの上にいたクーに説明したのだが ノーコメント。
画像 776

それは大変やったね  とか 言えんか?  (ノω`*)


ブログランキングに参加してます。 下のオレンジ色のバナーをクリックして応援してや~。
banner_02.gif ←これやで