5-09-28_00-57.jpg

2年前の11月の朝、馬小屋へ行くと牧草の上に子猫が座っていました。

声を掛けても餌を置いても目を閉じたまま小さい声で鳴くだけでした。留守がちでクーがかわいそうだから友達を・・・と思っていた時であまりのタイミングの良さに運命を感じちゃいました。

さっそく家に入れてストーブの前で温めてやりました。しかし下痢、嘔吐がひどく病院に連れて行き1週間入院しましたが良くならず原因も分からず点滴だけで栄養をとっていました。
その為、安楽死も選択のひとつとして獣医さんに言われましたが最後を看取ってやる覚悟で連れて帰りました。

その時に童話の金太郎の様に元気になってほしいという願いを込めて命名しました。家では特に何の治療もせずただクーに任せました。すると徐々に元気になり現在にいたっています。

入院生活はすごく辛かった様で今でも病院へ連れて行く時は一苦労、そして極度の恐がりで他人の気配がするだけで鏡台の後ろのわずかな隙間に入り長時間出てきません。

最初私達にも全く馴れず家に帰ると走って逃げました。
基本的には元気ですが家にいるのに目やのどが腫れたり回虫が出たりと病原菌に好かれやすいので通称「金ちゃん」ですが最近では「菌ちゃん」と呼ばれています。

ブログランキングに参加してます。バナーをクリックしてちょ。
banner_02.gif ←