今日はショッキングな画像&内容なので無理に見ないでね。



朝 カーテンを開けるとキタキツネが居た。
DSC06005
ウチでは珍しい光景ではないのだが足元がふらついてる。

よく見るとやせ細り顔が重度の皮膚病みたいで目が開けられないみたい。

尻尾も棒のようになってる。
DSC06007
調べてみると層雲峡ビジターセンターが紹介している症状と一緒だった。 ココをクリック


もう目が見えてないのでエサを取るのも無理ではないか・・・

野生動物ゆえ捕まえてやることは不可能やろな 野生で捕まる=ほとんど殺される時。

多分今年生まれの個体 何度も見かけたあの子やろな。

マーボーが見てる前で力なく座り込んでしまった。
DSC06012
猛烈な痒みを伴ってエサも食べられずに死んでしまうとはあまりに切ない。

自然と言ってしまえばそれまでだが 何もしてやれないことが心苦しい。

しばらくして姿が見えなくなったことに正直 安堵した自分を責める。
DSC06018

なんちゃっ庭の生ゴミの処理は堆肥場にバックホーで穴を掘ってコンポストを上に置いて

外部から侵入出来ないようにしている。

こういう不幸な子が増えないように生ゴミの処理には気をつけなければならんし

北海道旅行をする機会がある方は写真を撮るためにエサを与えるなど絶対しないで。

前にも書いたがキツネを撮るのがダメではなくおねだりギツネを作り出してはいけないのだ。


暗い話題だったので最後は気持ちを切り替える画像を ココをクリック


ブログランキングに参加してます。 好きな猫の顔をクリックして応援してや~。
             
バナーsmall200-201610