改造してもらってた赤い稲妻号が出来上がった。

荷台には消防車の赤色灯の配線を流用したLED作業灯が付き幌の骨組みが2mに伸長され

後部から馬が乗り降りできるように登坂板が付いた。
P1060394

当たり前だが改造前の画像と比べると消防車っぽさが無くなった。
P1060059

板金がメインの トップオートサクライ の社長が嫌な顔もせず改造に付き合ってくれた。

余ってるからと中古のオーディオ&ETCをタダ同然の値段で付けてくれた。

登坂板を倒すと干渉するナンバープレートを真ん中に移動しブレーキランプの位置も変更。

夜でもナンバープレートを見やすくしなければいけないという法律があるそうな。

ナンバーを移動してランプを付けるという場所がなく字光式ナンバーにして光らせよう

ということになりナンバーを変更しなければならないことになった。

どうせ変えるなら と今回は希望ナンバーを選択。

大阪から北海道に渡って29年のσ(^^;)が29年前の消防車を29万円で落札した

てことで 希望したナンバーが「29」  なんか29という数字に踊らされてる感あり。
P1060396
広島で消防車として誕生したが北海道に連れて来られ馬運車に改造されてしまった赤い稲妻号。

かわいそうに・・・  この先何年私達に付き合わされるのか?

たまたま昨日のコメントで「まる」さんが広島県庄原市高野出身だとカミングアウト。

故郷の方々に北海道に連れて行かれえらい目に合ってるとお伝え下さい。


出来あがったと言っても自分で塗装する部分があったり幌をどうするかという問題はある。

来週あたり 抜糸 の為マロンを病院へ連れて行かねばならない 間に合うのか?


マーボー 赤い稲妻号って長いので29をフクと読んで「フクちゃん」にしようと思うねん。

どっちでもええわ!
DSC00867
冷めとんな。  (; ̄ω ̄A``



振り込みでカレンダー購入希望の方は をクリック





ブログランキングに参加してます。 好きな猫の顔をクリックして応援してや~。
             
バナーsmall200-201610