馬とニャンコと男と女

1991年に妻のちこ太郎と共に大阪市から北海道十勝地方に移住。 2頭の馬と5匹の猫・2羽の烏骨鶏と共に田舎暮らしをしながら 帯広市でお好み焼屋「なんちゃっ亭」を営む夫婦の記録。

2014年11月

増築中の烏骨鶏ズの小屋にもう1枚ドアを付けてみた。 このドア  どこからもらってきたのか憶えてない。 ドアと窓は何枚あってもええ また在庫探しに行かんと。 雨が降るらしいので養生して 今週はおしまい。 今日も睡魔に襲われてる「まっちゃん」。 ...

椅子やテーブルで「猫足」というのを見たことがある。 オトスケの足を見ていて確かに猫足や~ と合点がいった。 ちこ太郎に抱っこして欲しくて よじ登ろうとしているところ。 ちこ太郎曰く 「オトスケは ものすごく ひつこいヤツ」らしい。 気が済 ...

馬肥ゆる秋を実践中のマロン嬢。 見事なお腹周り  吐く息が白い 食べすぎでゲップしてるのかも。 どっかで拾ってきたドア 中古やから文句言えんけど 壁の高さと合ってない。 無理矢理加工して 2時間掛かって付けたった。 ヒナ(仮)が不思議そうに ...

26日の朝は結構冷え込んでマイナス8℃ 昼過ぎまで氷点下やったらしい。 沢も凍り始めてたがな。    (; ̄ω ̄A`` んな寒い中 増築作業に追われていると・・・ 「父ちゃん まだ?」 とノー天気に覗きに来た「社長」。 「あのね 君がみんな ...

早速 鶏小屋に着手したσ(^^;)。 今の小屋の前に場所を決め ゆくゆくは連結するようにしようかな。 以前山小屋の解体を依頼された時に手に入れた廃材を使う。 やっと廃材がお宝に変わる時がきた。 窓も付けたろ  冬は お日さんが入って暖かいと思う。 ...

ストーブ前で睡魔にやられたカンジのm・mコンビ。 マーボーの口からピンクのモノが・・・ 「あ  舌をしまい忘れたのね。」 リラックスしてる証拠やね。   σ(^^;)がしまい忘れたらボケが始まったと思われるやろなぁ。  ( ´艸`)    ...

毎朝 奇声を発して女子を追っかけまわしてる「社長」。 この数日チャコちゃんのきれいな尾羽の本数が激減。 ついに皆から     いい加減にしてっ!       「えへっ  褒められちゃった。」       怒られとんねんっ!  ヾ( ...

ストーブ前で気を失う寸前の「なかむら君」。 兄ちゃんを枕にして・・・ 「まっちゃん枕」  商品化してみる?  (゜゜;)☆\(--;)スパーン 「まっちゃん」は「なかむら君」のことも全面的に受け入れてあげている。 心の広い漢である。 「なかむら ...

勝ち誇った表情で「なかむら君」を見下ろすオトスケ。 「父ちゃんの膝はボクのものだよね。」 と問うてくる。 「オトスケ君 この膝は  俺のや。」  (゜゜;)☆\(--;)スパーン 何とも大人気ない返答である。  |||(-_-;)||||||  カレンダ ...

ストーブ前でうたた寝するマーボーと背中を温める「なかむら君」。 ちこ太郎が足をマーボーにくっつけてみた。 いつもならすぐに逃げるのだが・・・ 手を添えて 寝てしまった。 ちこ太郎には気を許しとるんやなぁ。 「マーボー 父ちゃんの足はも ...

沢に渡してある橋の上で動くモノが・・・ 小さいオッサン いや エゾリスですな。 クルミの実をくわえて仁王立ちしとる。 お腹が白くてかわいいけど 見ようによっては立ちションしてるオッサンに見える。 もう少し寒くなると耳毛がフサフサになって ...

最高気温1桁の日が続く中 来年の薪の準備  暴風でぶっ飛ばされた物の片付け 230個のキャベツ収穫から保管まで  車2台の冬タイヤ交換etc. また ストーブ前で猫と共にバタンキュー。 寒さが堪えるお年頃のσ(^^;) である。 なんちゃっ亭よりお ...

外の作業から戻ってきたら 2階からガサゴソと音がした。 マーボー&「なかむら君」が 「ずっと待ってたよ。」とアピール。 「嘘つけ 寝てたくせに。 その証拠に  「なかむら君」の目の焦点合ってないやん。」 なんちゃっ亭よりお知らせ    ...

今日は宣伝のみです。 カレンダーの中身を到着するまで見たくない方は飛ばしてください。 いよいよカレンダー完成まで あと少し。                 (まだ できてなかったんかいっ!) まりまりさんと ゲラゲラ笑いながら あ~でもな ...

午前1時過ぎ  外はもうマイナス5℃。    薄明かりの下 腹が立つほど気持ちよさそうに寝てるオトまつコンビ。 で  電気点けたった。 ものすごい抗議の目つき。 スマン 大人気なかった。  (; ̄ω ̄A``               ...

この数日また暴風に襲われたなんちゃっ邸。 雪も風に舞い続け 薄っすらと積もっている。 マロンが「何か頂戴!」と寄ってきた。  雪を食べても太るマロン。 何故か朝から家の前を何台も車がUターンしていく。 道路に出てみると ・・・ 暴風 ...

外で生活していた幼い頃に風邪でもこじらせたんでしょうな。 「まっちゃん」も ちょくちょく目が腫れたり呼吸音がブーブーいうとる。 「なかむら君」用にもらった目薬のおすそわけ。 「あ いや 母ちゃんボクは関係ないんですが・・・」と困り顔。 で ...

「め 目薬が落ちてくる~っ!」 と顔面蒼白の「なかむら君」。         「目薬 嫌い・・・」  (┯_┯)      「でも  母ちゃん大好き。」 12日 一週間経ったので「なかむら君」 再度病院へ。 エコー検査の結果 拡張し ...

今年もこの時期がやってきた。 春まで なんちゃっ亭で使う分のキャベツを収穫しにTさんの畑へ。 10日に結構な量の雨が降ったのでビチャビチャで重い。 普通は中の可食部分だけ切り取っていくのだが なんちゃっ邸では 馬の3姉妹が食べるので外葉ごと包 ...

散髪したけど いつもどこを見てるか解らん ヒナ(仮) 運動場で ごはんを食べてて急な雨に降られて びしょ濡れ。 ヒナ(仮)の顔を覗き込んだ ちこ太郎が絶句!              美形やんっ! いつも目が見えてなかったので烏骨鶏 ...

σ(^^;)は8年前まで猫が嫌いやった。  とりわけ 黒猫が苦手であった。 と 膝に乗ってるオトスケを見ながら昔を回想する。 何故 黒猫が膝に乗っても平気になったのか? 今もって 解らん・・・  (; ̄ω ̄A``                ...

             「見えない。」 「はい オトスケ 右目1.0!」   (゜゜;)☆\(--;)スパーン 本業の合間にカレンダーの入金確認に追われてます。 なのでしばらく こんな手抜きな更新が出てくる事が予想されます。            ...

「お見舞いのコメントやメールありがと~            ボク がんばって薬のんでるからね。」 「なかむら君」は抗生剤とステロイド剤に反応しているからなのか元気になってます。 ただ 膵炎って そう簡単に治るとは思わんほうがいいんでしょうな。 ...

2日目の薬を  ア~ン        ゴックン! 以前から目ヤニと鼻づまりもあったので点眼・点鼻薬ももらってきた。 はい 目を  ア~ン 鼻も ア~ン 上の画像でわかるとおり「なかむら君」はアンダーコートが白い。 顔だけ ...

3日と4日は えげつない暴風が吹き荒れた。 現在地に住んでから家が揺れるような風は初めて体験した。 そんな中 餌を求めて歩き回ってるキタキツネと遭遇 生きるって大変やなぁ。 風がおさまった5日 畑を見て呆然。 ビニールハウスが見るも無残な姿に ...