馬とニャンコと男と女

1991年に妻のちこ太郎と共に大阪市から北海道十勝地方に移住。 2頭の馬と5匹の猫・2羽の烏骨鶏と共に田舎暮らしをしながら 帯広市でお好み焼屋「なんちゃっ亭」を営む夫婦の記録。

2013年12月

なんちゃっ邸の窓辺に来る代表的な野鳥はゴジュウカラ。 ほぼ毎日やってきてはm・mコンビと遊んでいる。 この年末になって新たなキャラ登場。   スズメである。 不思議な事にニュウナイスズメはよく見るのだが スズメは居なかった。 一番解 ...

やっちまった! 左のお尻から膝の裏まで猛烈に痛い。 坐骨神経痛であると何人にも言われた。   寒い中筋肉が縮こまっているのに急に重いものを持ち上げたり 無理な体勢で 作業していたからであろうか。 予防及び治療にはクーがやってるようなストレッ ...

「またぐら君 いや 「なかむら君」 君は何故いつもソコに手を置くのかね?」 「その目つき 変態やで。」 ヾ(ーー )                                    カレンダーの販売やってまっせ~!→ ココをクリック ...

低気圧接近で大荒れの予報だったが 10cm程度の積雪で済んでよかった。 「マロン&プリンちゃん 母ちゃん帰って来るで。」 「キャ~ 母ちゃんが帰って来る!」 そんなに揺れる事もなく飛行機は帯広に着いた。 なんちゃっ亭に寄って 仕込を済 ...

ちこ太郎に教えてもらったとおり計りながらごはんをあげたんやけど・・・ 大きくなってしまったような気がする 「まっちゃん」。 少しだけ触れるようになった マーボー。 でも その後でこんな目をして見つめてきよる。 これ以上深追いすると ...

やっと終わった。 Kさんから頼まれてた山小屋の解体。 しかし一人でよく壊したもんや。 我ながら よう頑張った  褒めてつかわす。 一番恐かったのは屋根を取っ払うことやった。 捻挫した足首も知らん間に治ってたっけ。 20年も地中に埋 ...

クリスマスイブの朝  冷えた~。 13℃。   もちろんマイナスね。  (; ̄ω ̄A`` でも外組は いたって元気。 沢は 両岸からかなり凍ってきて もうすぐ水が見えなくなる。 冷えた日の青空はホントにきれい。 朝 薪ストーブの火が消えかけ ...

今日も山小屋解体現場へ行き 廃材を軽トラに積み込んできた。 あとほんの少しで終わりそう。 北風に吹かれ体が冷えきってしまった。 帰宅後 いつものように薪ストーブ前で気絶。 右足がしびれ 痛さで目が覚めた。 右足が動かん・・・ ひょっと ...

マーボーが・・・ 一人でおもちゃで遊んでる。 めっちゃ楽しそう。 「アタシがおもちゃで遊んじゃいけないの?」 「あ いや かわいい一面もあるんやな と。」  ( ´艸`) カレンダー&年賀状を12月18日までに申 ...

山小屋解体のヤマを越えホッとして気が抜けたのか 昨晩はブログを更新しようとしてたのに 寝てしまった。 背中から腕パンパン   足腰ガタガタ。 今日はカレンダーの発送だけにしときます。 下の画像は薪ストーブの虜になってしまった「なかむら君」。 ...

暖かいのも今日まで そろそろ寒くなるという予報が出た。 ならばと昨日抜いた木製電柱を運ぶのに S田さんにダンプカーを借りに行った。 「自宅周りの邪魔な木を切っといたからついでに持って行けば」てことで ダンプカー2.5台分運んだ。 えげつなく太い木も ...

カレンダーの発送に追われて行けなかった山小屋解体。 例年なら雪が積もって地面も凍って諦めてたかもしれないが 先日の暴風で積もってた雪が飛んで行ってしまった。 暑いなぁと思って温度計見たら4℃まで上がってるやん プラス気温やで。 なんちゃっ邸付近で ...

歯をカチカチ鳴らす音が聞こえてきた。 窓辺を見るとゴジュウカラvsマーボーが始まっていた。 マーボーが飛び掛るか? と思ったら・・・ 尻尾を右へ左へ振って楽しんでるような素振り。 外組だった頃は野鳥を追っかけまわしてたんやろけど 今は女王 ...

仕方なくσ(^^;)からごはんをもらってるマーボー。 食べながらこちらの動きにも神経を尖らせている。 食べてる時なら近づけるかな~ と少しだけ手を伸ばしてみた。                      「咬むよ!」 警告されたや ...

時おり暴風が吹き荒れる なんちゃっ邸。 烏骨鶏ズは ヒシっと寄り添い暖めあってる。  雪が降ろうが風が強かろうがマロン&プリンの食欲は落ちない。 いよいよ沢が凍り始めた。 暖かい日に雪が解けてできたツララに水しぶきが凍ってまとわりつい ...

自分のペースを乱されるのが嫌なタイプのクー。 ブラッシングも いつもごはんを食べてる台の上でやっている。 順番待ちが出来ない「なかむら君」。 「ボクもやって~」 「まっちゃん」の順番なのに頭を突っ込んでくる「なかむら君」。 「ボクもやって ...

真理ちゃんは ちこ太郎の従姉妹である。 全盲で重度の障がいがある。 ちこ太郎が専門学校を出てから障がいを持つ人の施設に就職したのは 真理ちゃんが身近に居たからではないだろうか。 そんな真理ちゃんが今月 腸の病気を患い手術をした。 自分でどこが痛 ...

右 黒猫のオトスケ。 左 なんちゃって黒猫の「なかむら君」。 栄養状態が悪かったから白っぽいのか それとも元々白猫だったのに 薄汚れているだけなのか? (゜゜;)☆\(--;)スパーン ちこ太郎と頑張ってカレンダー&年賀状は8割方発送できました。 ...

足の甲の骨を折って1週間になるオトスケちゃん。 狭いケージに閉じ込められ不満そう。 ちょくちょく外に出してもらっても不満そう。 「オトスケちゃん何で入れられるか解るか?          調子こいて 走り回るからでしょ~が!」  ヾ(ーー ) ...

9日の夜から積もりだした雪が雨に変わってグシャグシャ。 この時期に雨が降るのは おかしい。  暖かすぎる。 でも 忙しくて山小屋の解体に行けないσ(^^;)にとってはありがたいこっちゃ。 これが雨でなく全部雪ならお手上げだった。 「まっちゃん」 ...

今日は「まっちゃん」がマーボーの枕にされてる。 柔らかい所に頭乗せられて呼吸が苦しいんちゃうかな? 「何撮ってんの?  寝転んだら たまたま「まっちゃん」が居ただけじゃない。」 おっしゃるとおりっ!  (-_-;)          ...

ちこ太郎が説教する声が聞こえてきた。 見ると 「まっちゃん」が捕まっとる。  「なかむら君」が不思議そうに覗き込んでる。 未だに ごはんを準備しているちこ太郎の足をカプッ!と噛む癖が抜けない「まっちゃん」。 テンションが上がりすぎて自分でも ...

今年は今のところ雪が少なくて助かっている。 マーボーも外を見てそう思ってるかも。 と 急に戦闘モード! 野鳥でも来たのか?  去年の冬までは食べ物やったもんなぁ~。 「動くから逃げちゃったじゃないっ!」 「あ スンマセン。 ...

寝る前の少しの時間に新聞を読んでても乗ってくるヤツ。 気になる記事を見つけ前かがみになってもしがみついたまんま。 歯を磨いて肘が頭に当たろうが逃げる事はない。 「なかむら君 君の目的は何かね?」 業務連絡 カレンダー&年賀状を ...

ケージに閉じ込めっぱなしはかわいそうなので目が届く時にはオトスケを 出してやっている。 「まっちゃん」がいつもとは違う雰囲気を察知しているのか? ストーブ前で眠るオトスケに そっと手をかけてる。 さすが気遣いのできる漢!    また ...