馬とニャンコと男と女

1991年に妻のちこ太郎と共に大阪市から北海道十勝地方に移住。 2頭の馬と5匹の猫・2羽の烏骨鶏と共に田舎暮らしをしながら 帯広市でお好み焼屋「なんちゃっ亭」を営む夫婦の記録。

2009年04月

やっと気温が上がって 雪が凄い勢いで融け始めた。 牧草地はまだ雪で覆われていたが 半袖で歩いても寒くない。 オトスケが見上げる先に・・・ ダラ~ンと垂れた手と 巻いた尻尾。 クーがキャットウォークの最上段で居眠りをしている。 板の幅が狭いので片手がはみ ...

先日屋根から落っこちたσ(^^;)へのお見舞いありがとうございました。  m(_ _)m 元々古傷だったところなので 湿布を貼って様子をみてみます。 痛めた左肩をかばいながら雪をかいて出てきたものは・・・ 自家製にんにく~。  厳しい冬を乗り越えてやっと出てきたとこ ...

26日は本当に大変だった。 この時期の雪は何度か経験していたので朝の時点ではそんなに驚かなかった。 大きくなったフキノトウは少しびっくりであったろう。 湿った雪は木々にまとわりつき電線や牧柵にもからみついた。 店の営業を終え帰途につく頃には帯広の街中でも ...

そろそろゴールデンウィークっちゅうのに また雪ですわ。 それも今日は結構降るとの予想。   山沿いは30㎝程積もるそうな  どうなりますやら・・・・  (ノω`*) ブログランキングに参加してます。 下のオレンジ色のバナーをクリックして応援してや~。  ←これ ...

改良してあげたのに ニャンコタワーを未だ攻略できないオトスケ。 うらやましそうに最上部のクーを見つめる。 下からの視線に気付き オトスケを見下ろすクー。 これがホントの 上から目線!   ブログランキングに参加してます。 下のオレンジ色のバナーをクリック ...

オトスケが食い入るように見ているのはNHKの「みんなのうた」で流れるコイシテイルカ。 かの さかなクンが歌っているおもしろい曲である。 ここに出てくる青いイルカに恋をしているかの如くずっと動きを目で追う。 さかなクンが出てくると御覧のとおり 興味がなくなる ...

20日前に完成したキャットウォーク。 そう易々と攻略されては  と最上部を斜めに設置したのが裏目に出て どうしても最後の一歩が踏み出せず ただの棚になりかけていた。 今日も雨で外の作業ができなかったのでプチ改造してみた。 棚受けは1つしかなかったので白樺の枝 ...

久し振りの雨  最高気温もたったの4℃。 二十四節気の「穀雨」に丁度合わせるように雨が降るとはうまいことできてますなぁ。 牧草地の3姉妹は 雨に濡れながら青草を探しまくっている。 乾燥しまくっていた畑の為にはいいお湿りになったし 酷使して挙がらなくなって ...

週末は仕事の為に休止していたビニールハウス作りが再開した。 何とか40本の支柱を立て真中で接続することができた。 妹は万歳をしているが 先はまだ見えずといったところ。 3棟のうち一番小さいハウスだが組んでみると結構デカイ。    (; ̄ω ̄A`` 白いシャツと ...

「猫の草」を買うのが惜しい我が家。 種から育てて10日もすれば見事完成。 さっそくきれいな緑におびき寄せられてきたクーとオトスケ。 クーは草が顔に当たるのがいやなのか右手で押さえて食す。 今までの他のニャンコでは見られない行動である。 左は草の先っぽが顔に ...

いよいよ ビニールハウスを自力で建てねばならん。 勢いだけで3棟もいただいてきたが組み立てなければ ただのパイプである。 1棟あたり45㎝の深さの穴を40~50個どうやって掘ろうかと思案していた。 たまたま隣町で農家をしているポテトチップさんが なんちゃっ亭に ...

先日作った温室の外枠にナイロンを張ったら なんちゃって温室が完成。 ビニールは買おうかと思ってたが 去年の破れたナイロンを思い出し張ってみた。 普通の人ならここまで破れたら捨ててしまうだろうが どっこい まだ捨てない。 金魚すくいと同じで破れてからが勝負で ...

その後もせっせと巣の材料を集めるカラスの夫婦。 馬の冬毛が抜ける時期と巣作りの時期が重なるとは 自然はうまくできてるもんですなぁ。 要らなくなったものを集めて再利用する  はて?誰かに似ている。 エイヤっと 飛び立って うりゃうりゃ~と飛んでいく。 カラ ...

4月と言えば やっぱり 雪ですな。  (゜゜;)☆\(--;)スパーン 朝起きたら 積もってますやん。  3姉妹も呆然。 ま ゴールデンウィークでもチラついたりするので あまり驚かんようになってしまった。 オトスケが屋根から落ちてくる雪を目で追っている。 ひと~つ ...

先日もらったビニールハウスを建てるのに邪魔になる木が何本かあった。 妹を巻き込んで なんちゃって造園という怪しい業者になりすまし 木を移植した。 知らぬ間に大きくなった赤松も根こそぎ掘り起こして バックホーで運ぶ。 「今 私の目の前を赤松が横倒しの状態で ...

「外に温室が欲しい」  ちこ太郎より指令が下った。 園芸資材のパンフレットの値段を見て今回も早々に買うのを諦めた。 昨年知り合いのお店を解体するときにもらってきた 材料 が使える時が来た。 まずは切欠きの入った板を半分に切る冶具を作って丸のこで切断。 半分 ...

ちこ太郎がケラケラと笑いながらシャッターを押していたのがこの画像。 σ(^^;)の足元からオトスケの下半身がのぞいている。 ある種 虐待の香りのする画像にも見える。 パッと見 首を絞めているようにとられるかもしれない。 何回注意してどかせてもσ(^^;)が読んでい ...

パパとシロちゃんの3日間の世話が終わった。 何故σ(^^;)達が面倒を見ていたかというと 妹は家財道具をまとめて引越センターに 引き渡すべく3月末から大阪へ帰っていた。 義弟A太はめでたく仕事が決まり研修の為に釧路へ旅立ったのであった。 たった3日間であったが2 ...

訳あって 妹の家のニャンコの世話に行ってきた。 そう パパとシロちゃんの世話である。 覚えてくれていたのか ただ単にお腹が空いていたのか 寄ってきたパパ。 2匹とも元気に家猫をやっている。  (=^・^=) 詳細は後日。 ブログランキングに参加してます。 下のオ ...

下画像は馬ふんの下の雪が溶けてキノコのようになっている の図。 最高気温が15℃を超えるようになってきたので こんな光景も数日で終わりそう。 昨日のビニールハウス2棟の解体&搬送がたたり 筋肉痛で昼過ぎまで動けず。 こんな日はオトスケとのスキンシップに ...

去年もらったくせに町の広報誌に「ビニールハウスください」とまだ載せてもらっていた。 もう無理だと思ってたら役場から「毎度~!また あげるって人がいたよ」と連絡あり。 どこの人か聞いてびっくり たまたま昨日麦わらを分けてくれたSさんの隣のTさんだった。 さっ ...

雪解けがどんどん進んで雪の上を雪解け水が走る この時期しか見れない光景。 馬の3姉妹の寝床に敷く為の麦わらロールを 買いに行った。 麦わらは例えれば猫砂の様なもの  汚れたら馬ふんと一緒に集めて積んでおくと 馬ふんの発酵を促進してくれる。  そして数年後に ...

マロンの背中にカラスが止まっている。 ガンガンつついて毛を抜いて口いっぱいに頬張っている。 卵を産む為に巣を作っているのだ  こんなことでも春の訪れを感じる。  ウール100%の巣はさぞかし過ごしやすいであろう。 逆に抜け毛のシーズン到来で体が痒い馬の3 ...

夜間は風呂の余熱を利用する為に脱衣室に格納されている野菜苗御一行。 午前中は朝日に当てる為に玄関横の窓に移動してやる。 窓辺にはクーがいる。 別に頼んだ訳ではないのに苗の見張りをしているのか。 「あの~ 顔を上げると日陰になるんですけど・・・」  午後は太 ...

春らしい空になってきた。 よく見ると雪景色の中に液体が現れた。 毎年冬には涸れてしまう沢とそれに連動する「よしみヶ池」。 いよいよ池に水が溜まり始めた  もう雪の下では水が動いている。 今年はこの池でどんな生き物と出会えるか楽しみである。 室内では ちこ ...