馬とニャンコと男と女

妻のちこ太郎と共に大阪から誰一人知らん北海道へ移住。 2頭の馬と5匹の猫・4羽の烏骨鶏&1羽のチャボと共に 田舎暮らしをしながら帯広市でお好み焼屋「なんちゃっ亭」を営む夫婦の記録

1991年に妻のちこ太郎と共に大阪から北海道に移住。 
2頭の馬と5匹の猫・4羽の烏骨鶏&1羽のチャボと共に田舎暮らしをしながら
帯広市でお好み焼屋「なんちゃっ亭」を営む夫婦の記録。
猫

青い空! 良い天気! 仕事日和! (T_T)

お店に行く前に朝の散歩。
この土地に来たときから毎年この時期に咲く紫の花。

天然の「ヒオウギアヤメ」か? 
アヤメと菖蒲の違いも解らんσ(^^;)であるので間違ってたらスンマセン。
20070617202551.jpg

あまり気にして見たことが無かったが近くで見るとなかなかきれいなものである。

種で増えるのであろうか 年々増えてあちらこちらに咲いてくれている。
全部買えばいくらするのか? と すぐにお金に換算しようとする
あさましい根性はやはり関西人の血がそうさせるのか? (ノω`*)

ブログランキングに参加してます。
下のバナーをクリックして応援してや~。
banner_02.gif ←

コメント

 コメント一覧 (2)

    • 1. モペット姫
    • 2007年06月18日 06:41
    • ほんときれいですね。私は札幌に8年住みましたが、自生してるの見たことなかったように思いましたが。
      ちこさんこの写真またまた素敵ですね。前景に花があって、遠景にも、何かあって、想像をかきたてる、こういう構図、好きなんです。!
    • 2. かじやん
    • 2007年06月19日 00:16
    • ほんと天然物はきれいですね。
      この写真 σ(^^;)が撮ったんですが たまにはヒットするみたいですな。(^^)v
コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

トラックバック

猫

猫の金太郎は退院後も食欲が有ったり無かったりで 
体調がいいのか悪いのかわからない状況が続いている。

彼の楽しみはひなたぼっこしながら外を眺める事で 
馬や鳥や虫を目で追うのが日課である。
20070616233549.jpg

馬の桃子も相変わらず呼吸は荒いものの向かって左に見えるように
涼しい時間帯だけでも放牧地に行けるようになった。

徐々にではあるが1匹と1頭は快方に向いていると信じたい。 (=^・^=)

ブログランキングに参加してます。
下のバナーをクリックして応援してや~。
banner_02.gif ←

コメント

 コメント一覧 (4)

    • 1. kiyomi
    • 2007年06月17日 09:02
    • 一匹と一頭と一人・・・全快しますように!!
      札幌、快晴!暑いですー さて仕事いって来ます!
    • 3. モペット姫
    • 2007年06月18日 06:33
    • kiyomiさんに同感!かーさん、きんさん、ももさんお大事に!!
      金ちゃんには、かすみちゃんというお母さんがいたんですね。
      ほんとによく似てるし、2匹とも美猫ですね。
    • 4. かじやん&ちこ太郎
    • 2007年06月19日 00:13
    • お見舞いありがとうデス。 m(_ _)m
      かすみちゃん なつかし~なぁ。
      ほんとに良い野良猫でした。
      σ(^^;)達夫婦にニャンコのおもしろさを教えてくれた猫です。
      金ちゃんは後ろから見るとかすみちゃんにソックリなのです。(=^・^=)
コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

トラックバック

猫

今日は朝から結構な雨音で起こされた。
しばらく猛暑が続いていたのでチョッとありがたい。

寝床からリビングに降りてみるとクーと金ちゃんが薪を入れているコンテナの上で寄り添い
「さ 寒いのでストーブを・・・」と おねだりポーズ。
もう薪は入ってないのに・・・
20070615231100.jpg

ま 確かに昨日より10度以上下がっているので肌寒い気がするが 
ストーブを点けるのはオーバーでしょう。 ( ̄^ ̄)キッパリ

んで 食卓テーブルにつくと
20070615231108.jpg

ジャムオもストーブを指差しておねだりポーズ?

3匹で協力して寒さを表現するとは・・・
仕方ないなぁ 電気マットを1時間だけいれてあげよう。 (;´Д`)

ブログランキングに参加してます。
下のバナーをクリックして応援してや~。
banner_02.gif ←


 

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

トラックバック

↑このページのトップヘ