馬とニャンコと男と女

妻のちこ太郎と共に大阪から誰一人知らん北海道へ移住。 2頭の馬と5匹の猫・4羽の烏骨鶏&1羽のチャボと共に 田舎暮らしをしながら帯広市でお好み焼屋「なんちゃっ亭」を営む夫婦の記録

1991年に妻のちこ太郎と共に大阪から北海道に移住。 
2頭の馬と5匹の猫・4羽の烏骨鶏&1羽のチャボと共に田舎暮らしをしながら
帯広市でお好み焼屋「なんちゃっ亭」を営む夫婦の記録。
猫

例のかぼちゃ 参照URLhttp://nanchatte.blog46.fc2.com/blog-entry-176.html

半分収穫して干してます。こうすると日持ちすると聞いたので。
7cb68223.jpg



かすみちゃんが盗られないように監視してくれてるけど
ほとんど寝ていて役に立っているのやら。

1つ大阪へ持って帰ったよしみ様から「ホクホクしてておいしかったでぇ。」と報告あり。

何も手をかけてないのにおいしいとはやはり馬ふん堆肥は力があるようですな。

来年はいろんな種を捨てたろ。

ブログランキングに参加してます。
下のバナーをクリックして応援してや~。
banner_02.gif ←

コメント

コメント一覧

    • 1. こなきじじぃ
    • 2006年10月31日 11:16
    • つい最近近所のスーパーで
      「十勝産栗カボチャ」を一玉400円で買いました。
      いいなぁ、こんなにあって・・・・
      堆肥の山に白くてデカイ、カブトムシの幼虫はいませんか?
    • 2. aiko
    • 2006年10月31日 16:33
    • すごいキレイなかぼちゃができましたねー。
      今年お父さんが作ったかぼちゃは中身はおいしいけど、
      外見は「ん~~」でした(; ̄ω ̄A``
      かぼちゃプリンが食べたーい。
      なんだかお腹がすいてきました。
      お馬3姉妹ありがとう!ですね。
      かすみちゃん、絶対監視してないやん!
    • 3. かじやん
    • 2006年10月31日 23:31
    • よ 400円でっか?
      何も手をかけてないのにもし売れたら濡れ手に粟ですな。
      幼虫はクワガタ虫のものがごっそり出てきますよ。
      確か、北海道には天然のカブトムシは居ないのでは?
    • 4. かじやん
    • 2006年10月31日 23:35
    • ありがたいんですけど
      ウチは2人暮らしなのでこんなに食べきれないんですわ。
      取りに来てもらえるんなら差し上げるんですが、交通費がウン万円もかかりますなぁ。
    • 5. りん
    • 2006年11月01日 20:31
    • 3姉妹の馬ふん堆肥ですかー
      ききそーですね!
      ちゃんと見張り番するカスミちゃんまで
      お日様で干ささってるようでほほえましいですねw
    • 6. おふね
    • 2006年11月02日 23:07
    • よしみ様から 半分わけていただきました。 
      ほんとうにホクホクしておいしかったですよ。 
      ついつい手がでました。
      やっぱり <田舎の香水>はいいのね、
      いろんな種を捨てといてね!  
      来年訪ねるころに収穫できるものがあれば、、、な~んて
      恐るべし??
    • 7. かじやん
    • 2006年11月05日 00:07
    • あの~、σ(^^;)はまだ食べてないんですよね。
      栄養があるのは頭では解ってるんですがね。
      堆肥を積み上げて3年経ってほとんどもう土になってるってのも解ってるんです。
      もうすぐ食べますからもうすぐ  多分・・・
    • 8. かじやん
    • 2006年11月05日 00:12
    • ホクホクですか・・・
      ホカホカのは見てたんですがね。(゜゜;)バキッ☆\(--;)
      ぶどう・柿の種は捨てときましたよ~ん。 (^^)v
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック

猫

わが家の水源。
3年間お世話になった水源。
ここへ越してきて最初に掘った井戸は鉄分が多すぎて飲めなかった。
沢の横に掘ったこの井戸2号は鉄分は少なかったものの
春には必ず1~2ヶ月は涸れてくれる気まぐれなヤツだった。
参照URLhttp://nanchatte.blog46.fc2.com/blog-entry-62.html

今回40メーターの深井戸を掘ったので用が無くなってしまった。
重たいコンクリートのフタを開けるときはいつもヒヤヒヤしていた。
2月に「涸れてたらどうしよう。」4月に「まだ湧いてない。」

井戸に使われているコンクリートの管を野菜貯蔵庫にしてみようと
フタを開けてみると澄んだ水が満ちていた。
2ff060ae.jpg


こんなに満ちているのを見るのは最初で最後。

解体するのはためらわれたがKさんから借りた特殊工具と
バックホーを使ってちこ太郎と二人で管を引っこ抜いた。
縦に3本入っていたが2本しか抜けなかった。
a8c069be.jpg


来週には野菜貯蔵庫にしてキャベツ保存の準備をせねば。
雪が降るまでにやらねばならんことがいっぱいある。

ブログランキングに参加してます。
下のバナーをクリックして応援してや~。
banner_02.gif ←

コメント

コメント一覧

    • 1. aiko
    • 2006年10月30日 14:21
    • かじやんさん&ちこ太郎さんが、ジャムオへの愛情が
      深まってきた今日この頃ですね。うれし♪ ( ̄m ̄*)
      井戸といえば、親戚の古い井戸に猫が落っこちて死んで
      しまったんですが、「あら~」って言いながら、水を汲むバケツを
      下ろして見事な手さばきでネコリン死体をくみ上げていた
      おばちゃんの姿が目に浮かびます・・・・(; ̄ω ̄A``
      aiko5歳でした。
      変な話でスンマセン。
    • 2. かじやん
    • 2006年10月30日 18:42
    • 井戸にまつわる話、ええ話ですなぁ。 (゜゜;)バキッ☆\(--;)
      ジャムオは甘えたで日々困ってます~。 (;´Д`)
    • 3. ベル王
    • 2006年10月31日 06:28
    • 「さよなら井戸2号」を読んで、ホロリとしてしまいました。井戸2号くん、今までかじやんとちこ太郎さんの暮らしを支えてくれてどうもありがとう。こんどは野菜貯蔵庫としてまた働いてください。
    • 4. かじやん
    • 2006年10月31日 23:28
    • 実際、解体するのに感傷的になりましたよ。
      でもヒューム管には新しい任務を与えますのでまだまだがんばってもらわねば。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック

猫

近所に住むKさん宅へ特殊工具を借りに行った。
Kさんは京都出身で昨年ログハウスをセルフビルドした人である。
知らぬ間にヤギを2頭飼っていた。
このあたりは沖縄へヤギを出荷する組合やヤギ乳でチーズを作っている人たちが居るので
結構目にすることはあるがこんなに近くでふれあえるなんて面白い体験であった。
どこへ行くにも付きまとってきてなかなかかわいらしい。
20061027232912.jpg

笹を処理する目的で手に入れたらしいが、この2頭は笹はあまり好きではないらしい。
Kさん自身2頭の違いが解らないらしく両方とも耳に34番の札が付いていることから
「みよちゃん」と「さよちゃん」と名付けて首輪の色で区別しているらしい。
なかなか安直ではあるが嫌いではないネーミングである。
d27b4b36.jpg


ちこ太郎がカメラを向けると1頭がカメラ目線で笑ってくれた。

工具を返しに行くのが楽しみである。

ブログランキングに参加してます。
下のバナーをクリックして応援してや~。
banner_02.gif ←

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック

↑このページのトップヘ