馬とニャンコと男と女

妻のちこ太郎と共に大阪から誰一人知らん北海道へ移住。 2頭の馬と5匹の猫・4羽の烏骨鶏&1羽のチャボと共に 田舎暮らしをしながら帯広市でお好み焼屋「なんちゃっ亭」を営む夫婦の記録

1991年に妻のちこ太郎と共に大阪から北海道に移住。 
2頭の馬と5匹の猫・4羽の烏骨鶏&1羽のチャボと共に田舎暮らしをしながら
帯広市でお好み焼屋「なんちゃっ亭」を営む夫婦の記録。
猫

20060206210516.jpg

2年前の春に我家にやって来ました。
友達がカラスにつつかれている所を保護して連れて来ました。
子猫だというのにその姿はお世辞にもかわいいとはいいがたくガリガリで毛並みは悪くて目ヤニと鼻水その上、耳ダニだらけでした。

動物好きで幼い頃からいろいろな生き物を飼ってきた私ですが猫だけは飼った事がなくどちらかと言うと絶対に犬派でした。
というのも小学生の頃大切に育てていたヒヨコを散歩させていたら突然見知らぬ猫が襲いかかりくわえて連れ去ったのです。
それ以来、猫が怖く嫌いになったのです。しかしこの猫の引き取り手がないという事で一大決心をして飼ってみる事にしました。

クーという名前はご飯を食べる時やトイレの最中いつもなぜか目を閉じていてその顔がジュースのキャラクターのクーにそっくりなので付けました。

とてもヤンチャですが性格は優しく私をすぐに猫派にさせてくれました。私の肩に両手を掛けて抱っこされるのが大好きです。

ブログランキングに参加してます。バナーをクリックしてちょ。
banner_02.gif ←

コメント

コメント一覧

    • 1. 万年坊主@帯広
    • 2006年02月06日 22:51
    • こんばんは。
      白黒猫って、性格が穏やかなものが多いみたいですね。
      うちにも一匹ホルスタイン猫がいますが、魂が抜けている
      のかと思うほど穏やかな猫です。この猫も表情がうちのと
      よく似ています。
    • 2. かじやん
    • 2006年02月07日 18:25
    • 万年坊主さんコメントありがとうございます。
      そういえば白黒猫は性格が穏やかだと獣医さんも言ってましたねぇ。
      でも、鳥の羽根のおもちゃを見ると豹変しよります。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック

トラックバックURL

猫

20060206201620.jpg

ボロとは馬のフンです。
ちこ太郎は毎日3頭のボロを拾い集めてます。
写真はちこ太郎に付きまとう桃ちん(左)とプリン。

集められたボロはかじやんがユンボという重機で高く積み上げ、
上下を反転させて発酵を促し、やがては良質な堆肥になります。

今後家庭菜園にまこうと思ってます。

ブログランキングに参加してます。バナーをクリックしてちょ。
banner_02.gif ←

コメント

コメント一覧

    • 1. RIN
    • 2006年02月09日 04:19
    • http://roo.to/bloog-ranking/で紹介されていたので、見に来ました。またきますネ。(^^)
    • 2. かじやん
    • 2006年02月09日 18:20
    • RINさんこんにちは。
      コメントありがとうございます。
      いろんなブログランキングがあるんですねぇ。
      またいつでも寄ってくださいまし。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック

トラックバックURL

猫

1eb8f02b.jpg


平成9年忠類村で生まれました。
吹雪母さんに似てとっても賢く落着きがありマロンと本当に姉妹か?と思わせる程、性格は全く違います。

いつもいつも穏やかな目をしていてジッと私を見つめます。とても優しいプリンちゃんなのです。

イライラしたり腹が立ったり悲しかったりする時はプリンの所へ行って身体におもいっきり抱き付きます。
私の気持ちが安らぐまでいやがらずジッとしてくれています。

プリンは私の精神安定剤です。

ブログランキングに参加してます。バナーをクリックしてちょ。
banner_02.gif ←

コメント

コメント一覧

    • 1. yama
    • 2006年02月06日 13:49
    • 日曜に子連れでなんちゃっ亭に食べに行ったものです。初めてでしたけどとても美味しかった~[絵文字:v-218]ごちそうさまでした!
      私は生まれも育ちも北海道ですが中途半端な(?)都市部で生活してきたため実際に馬に触ったのは1~2回しかありません(それも観光地で)。そう考えると私のようなネイティブ道民よりも、かじやんさん夫妻は自然や動物とのふれあいを満喫していますね。動物との生活は大変なこともあるでしょうけどうらやましくも思います[絵文字:v-230]
    • 2. かじやん
    • 2006年02月06日 19:47
    • yamaさんコメントありがとうございます。
      ブログを見たと来店してくれたお客さん第1号です。感激しました。
      われわれも大阪では馬に触ったことなんてほとんどなかったですよ。
      競馬場にも行ったこともないし、乗馬はお金持ちの趣味やと思ってました。
      まして馬を飼うなど考えられないことですが、北海道ならできましたなぁ。
      うさぎ・しまりす・きつつき・きつね・鹿などなど野生動物が家の周りで見られるなんて
      十勝は我々にとってはとても良いところだと思います。
      またのお越しお待ちしてまっせ。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック

トラックバックURL

↑このページのトップヘ