馬とニャンコと男と女

妻のちこ太郎と共に大阪から誰一人知らん北海道へ移住。 2頭の馬と5匹の猫・4羽の烏骨鶏&1羽のチャボと共に 田舎暮らしをしながら帯広市でお好み焼屋「なんちゃっ亭」を営む夫婦の記録

1991年に妻のちこ太郎と共に大阪から北海道に移住。 
2頭の馬と5匹の猫・4羽の烏骨鶏&1羽のチャボと共に田舎暮らしをしながら
帯広市でお好み焼屋「なんちゃっ亭」を営む夫婦の記録。
猫

ここ十数年の運動不足により足腰がかなり衰えてきている。
腰痛・坐骨神経痛・膝痛、まだ若いつもりでいるのを
否定されているような病名がどんどん言い渡されていく。

こんな弱っているものを狙い撃ちするかのような
キャッチコピーが付いた商品についつい目を奪われる今日この頃。

今日も「履いた瞬間○○!」とか「歩くだけで○○!」という
キャッチコピーにまんまと乗せられサンダルを買っちまった。

お値段6690円  ヒェ~!

6949cf84.jpg


指の付け根が当たる部分が盛り上がっていて、マッサージ効果があるらしい。

一日履いてみて、良い感じ  のような気がする。

こういう商品に頼ってしまう自分が情けない・・・

ブログランキングに参加してます。
下のバナーをクリックして応援してや~。
banner_02.gif ←

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック

猫

確かにかぼちゃの煮物は食べた。
種をどこに捨てたのかは覚えていない。
しかし、「ここに捨てたやろ」と堆肥の陰の植物が無言で訴えている。
20060907234545.jpg

これこそ動かぬ証拠ってヤツ。
かぼちゃの花はなかなかきれいである。
3cdeec06.jpg


実もいっちょまえに大きくなりかけている。
0a4160de.jpg


しかし、場所が問題である。
何故なら、この下はすべて3姉妹のフンであるからだ。
馬ふんは堆肥の中でも値打ちがあるのだが、毎日お目にかかっているだけに胸中は複雑である。

うちの有機農法は食べるのに少し勇気のいる農法なのである。

ブログランキングに参加してます。
下のバナーをクリックして応援してや~。
banner_02.gif ←

コメント

コメント一覧

    • 1. おふね
    • 2006年09月08日 16:37
    • かぼちゃも雑草もいきいきしてますね。                子どものころ(ず~っとず~っと昔)、牛馬の堆肥が撒かれている畑
      を思い出しましたよ・・・  だいじょうぶ!おいしいものには ついつい手が出ます。
    • 2. scriccioletta
    • 2006年09月08日 16:47
    • こんにちは。
      栄養満点のかぼちゃさんですね~。栄養をたっぷり吸収(笑)。
      確かに、勇気要りますね・・・。
      収穫後の、お味見記事を楽しみにしてますからね!
    • 3. かじやん
    • 2006年09月09日 00:03
    • 馬の餌代の代償に3姉妹がお返ししてくれているとは解っとるんですがねぇ。
      まあ食べるときには忘れてるやろけども・・・
    • 4. かじやん
    • 2006年09月09日 00:09
    • 「勇気栽培かぼちゃ」というブランドで店先で売ってみよーかな。
      味はねぇ、多分おいしいと思いまっせ  多分  多分ね・・・
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック

猫

二宮金次郎の真似をしているわけではない。
CIMG2810.jpg

「ギシギシ」という雑草に除草剤を撒いているのであった。
前からも良いが横顔はもっと良い。 (゜゜;)バキッ☆\(--;)

このギシギシの繁殖力はハンパではない。
種と根の両方で爆発的に増えていく。
馬の3姉妹もまったく食べないので今までは手で抜いたり鎌で刈っていたが追いつかず、
これぞイタチゴッコ状態であった。

去年、牧草には影響を与えずギシギシに効くという除草剤を発見。
撒いたのが春で少し早かった為か又、勢力を盛り返している最中であった。

10リットル入りのタンクを背負い、ひたすら左手のレバーを上下させて圧力をかけ、
右手は左右に振り続け3000坪を歩き回った。
「今度こそ全滅させたるっ」の思いで6時間かけて撒いたった。
が、今 雨が降っている・・・

ひょっとして無駄やったんか~!

ブログランキングに参加してます。
下のバナーをクリックして応援してや~。
banner_02.gif ←

コメント

コメント一覧

    • 1. 万年坊主@帯広
    • 2006年09月07日 01:21
    • 本ッ当にギシギシは腹が立つ植物ですね。あの根の
      憎ッたらしいこと・・・抜いても抜いてもまた生える・・・。
      諦めて放っておいたら巨大化するし、私も降参です。
    • 2. りん
    • 2006年09月07日 04:19
    • 日高のほうの農協だとギシギシ抜きが売ってますね。
      それで抜いてその穴に粒状の除草剤をいれて上から土をのせて
      ぽんぽんで終了かな。
      その立ってる穂の茶色いのんをばらばらと振ったら
      あかんのだよと父に言われました。
      ほんまは雪解け間近のほかの草がまだ茶色なうちに
      引っこ抜いて除草剤を入れるといいみたいです。
    • 3. かじやん
    • 2006年09月08日 00:44
    • 万年坊主@帯広さん毎度!
      本当にギシギシの存在自体が解りませんね。
      ハーモニーっていう除草剤を撒いたんですが、
      ギシギシには葉っぱから吸収され、根絶やしにする
      でも牧草は枯れないというすぐれものらしいですよ。
    • 4. かじやん
    • 2006年09月08日 00:51
    • どこの土地でもやっぱり苦労させられてる植物みたいですね。
      しかし「ギシギシ抜き」とはおもしろいですね。
      その器具の正式名称なんぞあるんでしょうか?
      ネットで検索かけても出てこなかったっす。
    • 5. りん
    • 2006年09月10日 02:14
    • こんばんわー。
      正式名称・・・なんでしょうかねぇ。
      なんかゴツイくぎ抜きみたいなものでしたよ。
      金属でできてたです。
      今度調べてみますー。
    • 6. かじやん
    • 2006年09月11日 00:07
    • ゴツイくぎ抜きみたいなものですかぁ。
      調べてもらうのはついでの時でいいっすよ~。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック

↑このページのトップヘ